会社沿革

2000年(平成12年) 画像検査装置事業を主とし起業
2001年(平成13年)

・資本金2,150万円にて、

   株式会社マイダスを長野県諏訪郡下諏訪町塚田に設立
・FPD検査装置の製造を開始

2004年(平成15年) ・本社を長野県諏訪郡下諏訪町社16番地11に新設移転
2005年(平成17年) ・資本金3,150万円に増資
・自社製品「教育用昆虫型ロボット」を開発
2006年(平成18年) ・本社を長野県諏訪郡下諏訪町東赤砂4704番地3-1に移転
・台湾FCS有限公司と技術提携
・自社製品「教育用ロボット事業」をスタート
(長野県事業化可能性評価Aランク認定事業)
2007年(平成19年)

・台湾現地法人 台湾マイダス有限公司を設立
・台湾FCS有限公司と

   射出成形機・周辺機器の販売代理契約締結

2008年(平成20年) ・台湾FCS有限公司内に組立工場/クリーンルーム連設
・iPF(国際プラスチックフェア)に出展
・資本金を4,000万円に増資
・自社製品 アルコール自動噴霧器 AS-Ⅱ開発
2009年(平成21年) ・営業部設立
・自社製品 手指自動消毒機 Premium Mist 開発
・自社製品 アルコール自動噴霧器 AS-Ⅲ開発
2010年(平成22年) ・自社製品 乾燥食品用乾燥機 開発
2011年(平成23年)

・弊社台湾工場より

   G8.5液晶パネル検査装置を21台製造・中国へ出荷

2012年(平成24年) ・組織変更:機器営業部設置
・諏訪圏工業メッセ2012出展
2013年(平成25年) ・諏訪圏工業メッセ2013出展
2014年(平成26年) ・AUTIA社製(歐帝雅科技有限公司)ASPシリーズ
        サーボ式粉体成型機取り扱い開始
・国際粉体工業展東京2014
       /POWTEX TOKYO 2014(第20回)出展
2015年(平成27年) ・サーボ式粉体成型機デモ機を旧社屋へ設置
・台湾生産の減少により、台湾FCS有限公司との提携を解消
2016年(平成28年) ・IDAD導入(富士通製3DCAD)
・国際粉体工業展東京2016
       /POWTEX TOKYO 2016(第21回)出展
▲ページの先頭へ戻る